切開法とは

看護師

二重整形の中でもハードルが高いと言われる切開法についてです。まぶたの脂肪を取ってから、メスで切って縫い合わせる方法です。埋没法よりももちがよく、戻る可能性もほとんどありません。

詳しく見る

埋没法と切開法以外の方法

鏡を見る婦人

二重を整形する方法は、埋没法と切開法以外にもたくさんあります。切らない方式の二重整形の方法はP-PL挙筋法です。P-PL挙筋法は切らない方式で、負担がかかりにくい方法です。

詳しく見る

二重整形のメリット

医者と看護師

二重整形をすると沢山のメリットがあります。毎朝のアイプチに時間もお金もかけていた日々から開放されて、朝の時間が短縮されますよ。また、二重になると自分に自信がもてます。

詳しく見る

二重整形の相談

顔に触れる女性

二重整形をする時にカウンセリングに行くときの流れや持ち物を紹介します。まず、考えておきたいのが、理想の二重です。具体的なイメージがあると医師との相談がしやすいですよ。

詳しく見る

整形してからのこと

カウンセリング

整形をしてから、1年後にはどんだ二重になっているのでしょう?1年後にどのような状態になっているのかを解説しました。状態は埋没法と切開法によっても違います。埋没法は合っていないと外れてしまうこともあります。

詳しく見る

埋没法について

顔に触れる女性

生まれつき二重のひとが本当に羨ましい!どうしても二重になりたい!と願っているあなた。アイプチや癖付けでどうにかならないか頑張ったけれど、この重たいまぶたは変えられないと落ち込んでいませんか?でも、変えられるのです。重たいまぶたを二重にできる唯一の方法は二重整形です。「二重にはなりたいけど、整形は怖い」「整形のお金ない」と尻込みしているなら、とってももったいないですよ。ここでは二重整形について詳しく説明するので、よく見て整形について知ってみてください!まず、整形で二重にできる方法として埋没法と切開法があります。ここでは埋没法について解説していきます。髪の毛より細い医療用の糸で、皮膚を織り込んで二重を作ります。糸で留めているだけなので、やり直しや戻すこともできます。手軽にできるので、プチ整形といって簡単にできるものです。結び目をいくつ付けるかで値段が変わります。結び目が多いほどラインが自由に変えられるので、イメージどおりの二重が可能です。しかし、そこまで二重の形にこだわりが無ければ、あまり多くしなくてもいいでしょう。費用は1点留めで10000円前後から、最も多い4点留めになると200000円ほどかかることもあります。埋没法はプチ整形とはいえ、手術ですので、「目を手術するなんて痛そう」という声がありそうです。しかし、施術中は麻酔をしてもらえるので、安心できます。経験者の中には「もう終わった」と感じる方が多いようです。途中経過を見て、自分好みの形になっているか確認したいのか、手術が怖くて見ていられないかでも、麻酔の種類が変わってくるので、よく検討しましょう。また、埋没法の中でも挙筋法と瞼板法という2つに分かれます。挙筋法は糸がまぶたの中で折り返すので、目を傷つける心配がなくかなり安心の整形法です。しかし、土台の筋肉が柔らかく、抜糸が難しくなることがあります。瞼板法はまぶたの裏側とまぶたの皮膚を止める方法なので、安定した仕上がりになり、手術がしやすいのが特徴です。しかし、目を傷つけるリスクは瞼板法の方が高いです。一般的に瞼板法の方が安定した仕上がりになるので人気です。しかし、自分にあった施術をえらぶ方がいいですよ。