埋没法と切開法以外の方法

鏡を見る婦人

二重整形の代表的な方法として埋没法と切開法がありますが、他にも二重整形の方法がありますので、その方法を紹介していきます。まずは、P-PL挙筋法です。切らない方式の二重整形で、まぶたに負担がかかりにくいのが特徴です。針を丸ハリにしたり、細いものにしたりと道具にもこだわっています。また、術後の腫れを抑えているなど、利用者目線の術式と言えますね。痛みに弱い人にはおすすめの方法です。また、埋没法に似た方法のひとつで、グランドライン法という方法があります。基本的に埋没法は留める点数によって変わります。グランドラインは普通の埋没法よりも多い、6点留めることによって二重にする方法です。グランドライン法は固定する点が多いので、埋没法で心配される外れてしまう心配や、ラインが思うように行かないというトラブルをふせぐことができます。検証でも切開法と同じくらいの定着率があります。また、グランドライン法は結膜側に糸を埋め込む方法です。糸を埋め込む場所で何が違うかというと、糸が表面にないので、手術直後にメイクすることができるということです。術後もすぐにメイクがしたいという人はかなり有り難いですね。ダウンタイム法はもちがよく、切開もしないで済むことから、かなり好評な方法です。しかし、取り入れている医院が限られているので、グランドライン法を受けたいなら、美容整形外科をよく探さないといけませんね。更に切開法に似た方法としてはMD式切開法というものもあります。切開でつかうメスを特殊なものを使い、内出血や腫れを抑えつつ切開できる方法です。切開法で腫れが気になる人向けの方法です。